庭木の選び方は?|庭のエクステリア

  • お役立ちコラム
NO IMAGE

庭木の選び方は?|庭のエクステリア

「庭木を植えたいけど、何がいいのかな」

「おしゃれな庭にしたいな」
「庭木を植えて、庭の雰囲気を変えたい」
庭木を植えたいけど、何を植えたらいいのかでお悩みの方は多いのではないでしょうか。
庭木にはたくさんの種類があります。
今回は、庭木の選び方をご紹介します。

□庭木の選び方

*目的から選ぶ

庭木を植える目的が、果実を摘むためであるのか、木陰を作りたいためであるのか、または鑑賞用であるのかなどによって木の種類を選びます。
家の庭が洋風なのか和風なのか、また家庭菜園をしたいのかどうかなどによっても、選ぶ木の種類は変わります。

*木の大きさと庭の大きさから選ぶ

庭木は、植木のくくりの中でも、庭で育てられるほどの大きさの木のことを指します。
そのため、ご自分の庭の大きさと、庭木の大きさを合わせなければいけません。
また、庭木が成長した時にもスペースが十分に取れるように、考慮しましょう。
低い木の場合は横に広がり、高い木の場合は細長く成長していきます。
縦と横の成長のスペースをどちらも考えて、場所を確保しなければなりません。

*環境から選ぶ

木が育つ時の環境は非常に重要です。
その植物に合った環境を選ぶことで、花が綺麗に咲いたり、木がすくすくと成長したりできます。
木がどれくらいの日当たり、風通し、湿度を選ぶのか、また木を植える場所などもよく考慮して、ご自分の庭の環境によく合った庭木を選ぶようにしましょう。

*見た目のバランスで選ぶ

家や庭の雰囲気に合った庭木を選ぶことも大切です。
家が和風の造りの場合、松などの和風の庭木を選ぶのがおすすめです。
木が庭の印象を左右しますので、雰囲気に合ったものを選びましょう。
色なども大事な要素です。
濃い緑は重厚な印象、赤は華やかな印象、銀は涼やかな印象、黄斑は元気な明るい印象を与えます。
また、エクステリアとの組み合わせも考えましょう。
家の外壁、フェンス、敷石などとの相性を考えて、花色や葉色が引き立つ庭木を選びます。
そして、下草とのバランスも考えましょう。
下草を芝生にすると、庭に統一感が出て美しくまとまります。
さらに全体がグリーンの庭は、ナチュラルなイメージが演出できますね。

□まとめ

今回は、庭木の選び方をご紹介しました。
お家のお庭が素敵になるといいですね。
当社では、庭のエクステリアの外装工事や、リフォームを行っております。
岡山にお住まいで、外装工事やリフォームをお考えの方は、ぜひ一度お問合せください。

お役立ちコラムカテゴリの最新記事

お電話でのお問い合わせ

086-284-6134

月〜土曜 10:00~19:00