岡山で狭小住宅にお住まいの方必見!外構デザインをおしゃれにする方法とは?

  • お役立ちコラム
NO IMAGE

岡山で狭小住宅にお住まいの方必見!外構デザインをおしゃれにする方法とは?

「狭小スペースでも、おしゃれな外構にできるかな。」

「外構リフォームをして、おしゃれな家にしたいな。」
このように外構についてお悩みの方はいませんか。
外構をリフォームして、おしゃれな庭にしたいという方は多いのではないでしょうか。
しかし、中には狭小住宅のため、おしゃれにできるか不安で、困っている方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、狭小スペースでもおしゃれにするデザイン方法について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□狭小だからこそ!外構をおしゃれにする方法とは

狭小スペースでもおしゃれな外構にする2つのデザイン方法を解説します。

*方法1

植栽を植えましょう。
植栽が1本あるだけで、雰囲気が和むので、狭小でもおしゃれなデザインの庭になります。
植栽には、様々な色や高さ、形のものがあります。
これらを組み合わせ、花が咲く時期を考えて植えると、1年中楽しめる庭になるでしょう。
また、背の高い植栽を植えると、家をよりおしゃれにできます。
遠くから離れて見た場合には、建物と植栽が重なり合ってより美しく見え、奥行きが生まれるでしょう。
植える木によって洋風にも和風にもなるので、全体像を考えながら植栽を選びましょう。

*方法2

石畳を敷きましょう。
駐車場を土間コンクリートではなく、石畳にすることで、よりおしゃれな外構になるでしょう。
郵便ポストや門扉を設置できないほどの狭小住宅でも、床の色や質感でデザインを楽しめます。

*本当にあった失敗例

・駐車スペースが使いにくい

最も多い失敗例は、駐車場が思っていたより不便だったという例です。
居住スペースを確保しようとして、駐車スペースを削ることで、駐車する余裕がなくなります。
車や家に傷がつくのを防ぐためにも、駐車スペースのこともよく考えて、十分なスペースを確保しましょう。

・屋外コンセントを付けなかった

外で電気を使う場合、どこで何を使うのかというシュミレーションがとても重要です。
コンセントのことまで気が回らず、工事が終わってから後悔する方も少なくありません。
コンセントをどこで使うのかを事前に考え、業者に伝えておきましょう。

□まとめ

今回は、狭小スペースでも外構をおしゃれにするデザイン方法について解説しました。
この記事を参考に、外構リフォームをしてみてください。
当社は、岡山で長年に渡り外構リフォームを行っています。
外構リフォームに関することは、お気軽にご相談ください!

お役立ちコラムカテゴリの最新記事

お電話でのお問い合わせ

086-284-6134

月〜土曜 10:00~19:00