外構工事でよくある失敗を施工例を元に紹介

  • お役立ちコラム
NO IMAGE

外構工事でよくある失敗を施工例を元に紹介

「現在の家をもっとおしゃれに、快適にするにはどうすれば良いのだろう」、とお悩みの方はマイホームの外構工事を検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、外構工事をしたからと言って全てが満足な結果になるわけではありません。
高額なお金を出して失敗してしまうのは嫌ですよね。
今回は、外構工事の例とよくある失敗を紹介します。

□おしゃれでかっこいい外構工事とは

「外構工事を検討中だけど、どのような例を参考にすれば良いのだろう」、と考える方も多いのではないでしょうか。
初めて外構工事をされる方にとっては、情報が少ないと大変ですよね。

ここでは、外構工事について施工例を参考に紹介します。
まずは、和モダンのおしゃれなスタイルです。
外構工事と聞くと、このスタイルを思い描く方が多いのではないでしょうか。

和風テイストに仕上げながら、目隠しフェンスやサイクルポールなど現代のデザインを織り交ぜたスタイルです。
綺麗に仕上げるポイントは、駐車場、自転車置き、庭の3つを重ならないように仕上げることです。

このような工事をする場合、相場はおよそ170から220万とされています。
もちろん、どのような点にこだわるのかによっても金額は変わってくるので、家族とじっくり話し合いましょう。

次に紹介するのは、シンプルなモダンデザインです。
例えば、おしゃれな角柱のアーチやジョリパット門柱と角柱、そして庭の樹脂製人口木のウッドデッキを設置すると、シンプルでおしゃれに仕上がります。
さらに、スタイリッシュなカーポートを設置するのもおすすめです。

次にご紹介するのは、ナチュラルなモダンデザインの外構工事方法です。
このタイプのポイントは、オープンスタイルの外構エクステリアです。
外構エクステリアの採用によって、木目調が目立つ住宅デザインに合わせたナチュラルなモダンデザインになります。
さらに植栽や花壇、安全対策の手すりなどを採用すれば、よりマイホームにオリジナリティーを加えられるでしょう。

最後に紹介するのは、カリフォルニアスタイルの外構工事です。
このスタイルでは、マイホームをリゾート風に変化させられます。
明るく一際目立つオープンなスタイルは、アメリカ西海岸のカリフォルニアを連想させるでしょう。

白い砂浜を連想させる土間コンクリート、ヤシの木を見立てた植木、青々とした芝生などを、ぜひご自宅で再現してみてください。
施工金額は広さによって異なってしまいますが、およそ250万から300万でしょう。

□外構工事でよくある失敗とは

では、外構工事でよくある失敗とはどのようなものがあるでしょうか。
ここでは、外構工事でよくある失敗について、事例とともに紹介します。

外構工事の際に、早めに打ち合わせをしなかったために、失敗するケースがよくあります。
例えば、駐車場と庭の面積についてしっかりと打ち合わせや確認をしなかったために、駐車場が広くなりすぎて庭の面積をほとんど取ることができなれば、悲しいですよね。
対処法として、駐車場の見切りに緑を配置するため、10センチ程度の幅に芝生を植える方法もありますが、年月が経てば、植えた芝生が盛り上がりすぎて歩いてつまずくほどになってしまう可能性があるでしょう。

また、完成予定日を曖昧にしたまま、いつまで経っても工事が終わらないケースにも気をつけましょう。
このようなケースでは、何日経っても終わらなかったり、毎日来てくれているが半日で帰ったりすることが多いそうです。
完成予定日は曖昧にせず、工事に入る前に打ち合わせの時点ではっきりさせましょう。

□よくある外構工事の失敗内容をご紹介

駐車場は車を停めるための場所であり、費用は安く抑えたいと思うのが一般的ですよね。
そのため、駐車場を土のままにしてしまうことがあります。
しかし、駐車場を土にしたままだと、コンクリートに比べて幾つかのデメリットがあります。

まず、駐車場がコンクリートで固められていないと、雑草が生えてきます。
この雑草を処理するために、車を移動させなければならないので手間がかかりますよね。

移動させた車を停める場所にも困ります。
さらに、雨が降ると水たまりができてしまいます。
せっかく綺麗にした車が、水溜りの泥で汚れるのは嫌ですよね。
また、駐車場だけでなく庭に土の部分があると雑草が生えてきます。

せっかくの休日を草抜きに捧げるのは嫌ですよね。
そうならないために、コンクリートを採用する、または土の部分に防草シートを敷き、その上に砂利を敷くのをおすすめします。

しかし、庭に植木をして、家の周りを緑豊かにしたい方も多いですよね。
ただし、植木をしすぎて管理が大変になって失敗する事例もよくあります。
また、植木をしすぎると植物同士で栄養を取り合い、枯れてしまうといった失敗もあります。
このような失敗は起こりやすいので、注意しながら庭を楽しみましょう。

□まとめ

今回は、外構工事の施工例と失敗について紹介しました。
外構工事をすることでマイホームをよりおしゃれにすることが可能ですが、多額のお金がかかり、失敗のリスクもあります。
上記に述べたことに注意しながら、外構工事を行い、より良いマイホームを手に入れましょう。

お役立ちコラムカテゴリの最新記事

お電話でのお問い合わせ

086-284-6134

月〜土曜 10:00~19:00