アプローチの外構工事について紹介!岡山県在住の方へ!

  • お役立ちコラム
NO IMAGE

アプローチの外構工事について紹介!岡山県在住の方へ!

「アプローチの外構工事の費用は高い」「可能な限り安く済ましたいけど、失敗はしたくない」アプローチの外構工事の際には、多くの人がこのような悩みを抱えるものです。

そこで今回は、アプローチの外構工事を安く済ませる方法と、よくある失敗例を紹介します。

□外構工事を安く済ませる方法って?

外構工事の費用の相場を知っておくことは、費用を安く抑える上では欠かせません。
そのため、まずは外構工事にかかる費用の相場を紹介します。

外構工事にかかる費用の相場は約50万円~100万円です。
しかし家の大きさや、工事の規模によって、かなり左右されるので、1つの基準として頭に入れておきましょう。
使用する材料によっても異なってきますが、基本的には、建物全体を建設するのにかかった費用の約10%を用いると、バランスの取れたアプローチができると言われています。
外構工事を安価に済ますには、主に以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

・デザインを簡素にする
・必要な工事だけに絞る
・自分で可能なことはDIY
・見積もりを複数の業者に依頼する

当然のことながら、凝ったデザインにすればするほど、人件費や時間だけでなく、材料費もかかるため、費用は高くなります。
よって、費用を抑えるには、可能な限り簡素なデザインにしましょう。
外構工事の構想段階では、エクステリアを、できるだけ良いものにしようと、必要以上のものを取り付けがちです。
そのため、工事を行う前には、1度工事内容を見直し、不要なものを除きましょう。

例えばアプローチ部分のコンクリートの使用を、必要最低限に済ますなどが、考えられます。
外構工事を業者に依頼した際には、材料費だけだけでなく、人件費など、その他諸々の費用がかかります。
そのため、安く済ませるには、ポストなど簡単な工事は自身で行うという方法も考えられるでしょう。

DIYでは、業者のような高度な工事を行うことはできませんが、安く済ませれるだけでなく、世界に1つだけのオリジナルを作れるという魅力もあります。
見積もりを複数の業者に依頼することで、上記で説明した以上に正確な情報を知れます。

□外交アプローチの失敗例は?

外交アプローチの失敗例を2つ紹介します。

1つ目は、安さにこだわるあまりデザインが簡素になりすぎることです。
この場合、アプローチ脇にレンガや植物を置くことで、この問題を解決できます。

2つ目はDIYで貼ったおしゃれタイルが濡れるとよく滑ることです。
先述したとおり、DIYを行うことで費用を抑えられます。
一般的に業者がタイルを敷く際は、滑りにくい素材のタイルを使用しますが、DIYの際は気づかず滑りやすい素材のタイルを使用してしまうことがあるので、購入前に素材には細心の注意を払いましょう。

□まとめ

今回はアプローチ工事の費用を、安く済ませる方法と、失敗例を紹介してきました。
安く抑えるためのポイントは、デザインを簡素にする、必要な工事だけに絞る、自分で可能なことはDIYする、見積もりを複数の業者に依頼する、という4つあるのでした。
アプローチ工事の際に、今回の記事を参考にしていただけると幸いです。

お役立ちコラムカテゴリの最新記事

お電話でのお問い合わせ

086-284-6134

月〜土曜 10:00~19:00